« 到来 no.56 | トップページ | 縁起をかつぐ no.58 »

2010年12月27日 (月)

寒空 no.57

Photo
no.57

寒空を、褌一丁で走っている江戸絵です。

歌川広重の「名所江戸百景」にそういった絵(男親子が褌一丁で、寒空を走っている)があって、参考にしてみました。

江戸っ子は、やせ我慢の気質があって、寒くても薄着ですごしたりします。でも褌一丁はね〜…

寒いといえば…
昨夜、久しぶりに東京タワーの見える都心の方へ行ったのですが、昨日の夜8時頃の東京タワーは光ったり/消えたりして(約10分)全体的に光った(オレンジ色)のは、ほんの1分ほどでした。なんだったんだアレ……

めちゃくちゃ寒い上に、約10分間ずっと焦らされて悲しくなりました。

|

« 到来 no.56 | トップページ | 縁起をかつぐ no.58 »

江戸絵」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1422407/38237750

この記事へのトラックバック一覧です: 寒空 no.57:

« 到来 no.56 | トップページ | 縁起をかつぐ no.58 »